家族葬が人気の3つの理由。メリットとデメリットを紹介

最近注目されるようになった、新しい葬儀のカタチである「家族葬」。
名前は聞いたことがあるけど、どういった葬儀なのか分からないという方が多いのではないでしょうか?

今回は、家族葬の魅力とメリットとデメリットをご紹介いたします。

 

家族葬とは

一般的な通夜や葬儀は、故人と親交が深かった友人や知人、親族や家族らが多く参列しますが、家族葬は限られた人数で執り行う小規模な葬儀です。

故人が生前に弔問客を指名するケースや、遺族が故人の死後に指名するケースが多く、通常の葬儀と異なり“完全招待制”で執り行われるのが特徴です。

家族葬のメリット

少人数で執り行う家族葬では、故人の死後、通夜や葬儀の準備に追われなくて済むため、故人との最期の別れをゆっくりできるのが最大のメリットです。

この他にも、家族葬では少人数で葬儀を執り行うため、香典やお供え物、葬儀の後の弔問を辞退できるのもメリットの一つです。

家族葬のデメリット

葬儀は一般的には、故人と親交のあった全ての人が参列できることになっているため、最後は盛大に送り出すというイメージがある方が多く居ます。

そのため、招待された人のみで葬儀を執り行う家族葬という葬儀のカタチを受け入れられないという、故人の友人や知人、親族から反発があることもあります。

 

近年注目される家族葬の3つの魅力

故人や遺族が指名した人たちだけで執り行われる家族葬は、故人と最期の別れをゆっくりと行えるのが魅力です。

弔問客が多ければ対応に追われるため、一番故人と最期の別れがしたい遺族や親族がお別れできないということも珍しくありません。

また、後の四十九日・納骨法要や初盆、一周忌などの法事の際も、多くの弔問客を持て成す必要があるため、しばらくは対応に追われる他、お金もかかります。

家族葬では、これらの遺族や親族の“ネック”を解消することで、故人や遺族にとって満足のいく葬儀を行えるため、家族葬は近年注目される葬儀のカタチとなりました。

では、家族葬だからこそできる3つの魅力を一緒にみていきましょう。

家族葬は費用を安くできる

葬儀にかかる費用は以下の通りです。
1. 式場使用料
2. 火葬料
3. 祭壇やお棺などの葬儀施行にかかる費用
4. 参列者への飲食費や返礼品など
5. 宗教者へのお布施や心づけ

これらの費用は、参列者の人数が多くなれば必然的に高くなります。

葬儀を執り行うのが式場なのか、自宅なのか等によって費用は異なりますが、全国平均で約100万円前後が一般的な葬儀費用です。

一方、少人数で執り行う家族葬では、一般的な葬儀より費用が大幅に安くなります。

葬儀会社によって家族葬のプランは異なりますが、安いもので10万円、高いもので140万円の費用がかかり、家族葬の全国平均は約40万円です。

弔問や香典を辞退できる

家族葬では、一般的に友人や隣近所などの弔問や香典を遠慮します。

これまで葬儀は「駆けつける」ことがマナーでしたが、事前に家族葬で執り行う旨を伝えている場合は、遺族と故人の意思を尊重し、招待されていない人は参列しないことがマナーです。

必要以上の弔問や香典を辞退できるので、後々の香典返しや、弔問客への対応に追われなくてすみます。

葬儀の通知は葬儀後でも構わない

家族葬は限られた参列者でのみ執り行われる小規模な葬儀であるため、故人の訃報と葬儀の通知は葬儀の後でも問題ありません。

家族葬に招待する人には、事前に電話で故人の訃報と、家族葬で葬儀を執り行うので参列してほしい旨を伝えます。

それ以外の方たちで、故人と親交があった方には、無事葬儀を終えたことの報告を兼ねて、葬儀後に故人の訃報と葬儀を終えたことの報告を通知します。

通知はハガキで行いますが、この時、故人が亡くなった日付とは別に、葬儀を行った日付を必ず記載するようにしましょう。

 

まとめ

家族葬は、故人が生前に、あるいは遺族が弔問客を指名して執り行われる小規模の葬儀です。

参列者が少ないため、葬儀にかかる費用を安くできる他、弔問客への対応に追われないため、故人と最期の別れをゆっくりと行えることから人気の葬儀のカタチです。

一般的な葬儀とはマナーが異なるため、家族葬をお考えの方や、家族葬に参列する方は、失礼に当たらないか確認するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください