暇な休日を有意義に過ごす6つの方法

予想外に有給申請が通った時や、特に予定が無いのに連休や、お金をあまり使えない大型連休など、手持ち無沙汰になってボーッと過ごしてしまうより、有意義に過ごした方が絶対に良いはず!

そこで今回は、有意義な休日にする6つの方法をご紹介いたします!

有意義な休日にする6つの方法

普段仕事などに追われて忙しい日常を過ごしている人は、何の予定もない休日になると、何をしたら良いのか分からなくなってしまう人も珍しくありません。

ただボーッと過ごしてせっかくの休日を過ごすのではなく、有意義なことをして休日を楽しみましょう!

1. 家事をする

特に一人暮らしの方におすすめの休日の過ごし方は、普段はまめにできない家事をすることです。

洗面所や浴室などの水回りは、つい「面倒くさい」「時間がない」という理由で、汚れていても見てみぬフリをしてしまいがちです。

電球の傘の部分や、インテリア雑貨などのホコリを取り除いたり、拭き掃除をするなど、いつもより少し時間をかけて掃除してみると、心も体もスッキリとします。

また、大型ホームセンターにでかけて、掃除道具や収納道具など、生活に欠かせないアイテムを探しに行くのもおすすめです。

 

2. 運動する

インターネットが普及した現代では、デスクワークが主流の会社が多く、平日は椅子に座りっぱなしという方が多いのではないでしょうか?

天気の良い休日には、車やバイクなどを利用せず、徒歩や自転車で買い物にでかけたり、近所を散歩して軽い運動をすることで、毎日の運動不足を少し解消することができます。

軽く汗をかく運動は、心身共にリフレッシュできるので、ストレス解消効果が期待できます。

バッティングセンターや温水プールなど、屋内施設を利用すると、休日が雨の日でも運動することができるのでおすすめです。

 

3. 不用品を処分する

数年前の衣替えで片付けたきり出していない衣類や、季節物の家電などは、クローゼットや押し入れの中で眠っているという方が多いのではないでしょうか?

季節ものの衣類や家電は2年間使用していなければ処分の目安です。
思い切って休日に分別して処分してみてはいかがでしょうか。

 

4. 映画を見る

仕事終わりは簡単に食事を済ませて、入浴後すぐに寝るという方も多いでしょう。
映画や読書など、時間がかかる趣味は平日には難しいものです。

そこで、休日にこれまで見たかった映画や、読みたかった本を読むと、「自分がこれまでやりたいと思っていたけどできなかったこと」の一つが解消されるので、心が満たされて、ストレス解消に繋がるのでおすすめです。

「DVDを借りるのが面倒」
「映画館に行くほどじゃない」
「本を買っても、2回目は読まない」
という方は、Amazonの「Prime Video」や「Kindle」がおすすめです。

 

5. 一人旅をする

ゴールデンウィークやお盆などの大型連休は、友達や家族で過ごすことができれば良いのですが、色んな事情から一人で過ごす人も多いでしょう。

その場合、一人でゆっくりと旅行に出かけるのがおすすめです。

急遽旅行に出かける場合でも、当日キャンセルのホテルは意外と多くあるので、格安でホテルを予約することができます。

事前にホテルの予約日が決まっている場合は、ホテル予約サイトからホテルを予約すると、クーポンを利用できるなどして、お得に宿泊することができます。

 

6. 副業をする

会社の規定で副業を禁止されていなければ、休日や早く帰ってこられた時に副業をすることができます。

生活費の足しや、趣味や交際費に充てるためなど、副業を始める理由は様々ですが、なかなか本業とは別の会社に勤めるのは難しいものです。

そこで、クラウドソーシングサイトを利用した副業がおすすめです。
様々なサイトがあるので、自分に合った副業サイトを見つけてみましょう。

まとめ

何も予定が無い休日や、代わり映えの無い休日を有意義に過ごしたいとお考えの方は、今回ご紹介した6つの方法がおすすめです。

「休みに何もやることがなくて暇」という方は、今回ご紹介した休日を有意義に過ごす方法を参考に、充実した休日を楽しんでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください