夏が近づいてくると体臭が気になるけど、臭い人と臭くない人の違いは何なのか?

そろそろやって来ていると思いますが、暑い日の満員電車の中のあの独特な臭いはナントカして欲しいと思っている人は多いと思います。

体臭が気になる

消臭や防臭剤の匂いのする女性や、体臭が油のような匂いのする人、汗が異様に臭い人~などなど様々な臭いが充満すると思うのです。

でもそんな中でも時々何故か、サワヤカ~な臭いに包まれている男性や女性が近くに来た!という時もあるかも知れません。

あかの他人で全く面識も無い人だけど、何故か懐かしいような~そんな匂いを出している人もいるのです。

この、色んな多くの人が周囲にいる中でほんの数人だけが何故か自分にとって爽やかに感じる匂いを発生させていたらその人は、遺伝的に遠い人ということになります。

つまり、遺伝子の内容がかなり遠い人なので、将来結婚して子孫を残すべき相手だ!と、人類の本能の部分が教えてくれているから、それで匂いが臭く感じられないのです。

臭いと感じる人と感じない人の違いは

体臭が臭い!と感じる人の多くが家族の匂いだったりすると思いますが、それは至極当然のことで、彼等と自分は遺伝的に近いので家族だろう仲良くしよう?的な、そんな感じで体臭が臭いと感じるのです。

体臭が匂うという人同士だと血縁関係や遺伝的に近い人ということになるので、自然界的本能の中では繁殖をしてはいけない相手ということになるのでしょう。

本来野生の動物はそうやって、相手の匂いを確かめてから繁殖していくのですが、ちょっと気になる雄がいると近づいていった雌がその雄の匂いを嗅いで、何かクサい?と思ったらもうその雄のところには行かないそうです。

また別の雄のところに行って匂いを嗅いで、今度は臭くない!と思った雄との繁殖を試みることになるようです。

それは人類も基本的には同じなのですが、人間の場合は匂いの他にも色々な要素を織り交ぜて判断したり、特殊な性癖があったりすると匂いの情報がその情報に上書きされてしまって、気がついたら足が凄く臭い人と結婚していた!ということになっていたりするのです。

おわりに

ということで、満員電車で爽やかな臭いの男性や女性に出会ったら、まずは一度声をかけてみると良さそうですが、満員電車では恥ずかしいとか、匂い程度で話しかけるのはどうか?という人もまだまだ多そうなので、とりあえずは親しい友人関係から匂いを嗅いで、その匂いの臭さなどをを日々チェックしてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください